どうしてDIYは人気なのか?

壁紙で一気に雰囲気を変える

自宅の雰囲気を変えたいのでDIYに挑戦してみたい。しかし賃貸物件だから躊躇している。そんな方におすすめなのが、壁紙の変更です。
面積が広いので一気に雰囲気を変えられますし、ちょっとしたコツを使えば賃貸住宅でも施工可能です。
通常の壁紙変更なら既存の壁紙を剥がして張り替えるのですが、賃貸住宅の場合はマスキングテープを貼って、その上に新しい壁紙を貼ります。退去時にマスキングテープを剥がせば元に戻るので問題ありません。
力や専門的な知識が無くてもすぐに出来ますし、ワンポイントでウォールステッカーを貼るとよりオシャレになります。壁紙によっては消臭効果や防カビ効果もありますので、DIYをする事でより生活がしやすくなるのもポイントです。

キッチンもオシャレにDIY

自分で出来るDIYは壁紙だけではありません。よく使うキッチンも、ちょっとした変化で劇的に変える事出来ます。
例えばキッチンにすのこを敷き、そこに収納棚や収納を作れば見た目だけではなく機能性がプラスされます。賃貸住宅のキッチンはシンプルなものがほとんどなので、明るい色をした板を引く、あるいは欧風にしたい場合は木目調の収納にするだけでグッと雰囲気が出ます。
冷蔵庫に塗料と塗って雰囲気を演出する方法も人気です。キッチンの他にもトイレや浴室、廊下などアイディア次第では、賃貸住宅でもDIYが出来ます。
釘や穴を開けずに出来るので、専用の工具も必要ありません。上級者向けになるとタンクレストイレやディアウォールを使った収納棚なども作れます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ